お問い合わせ05058307067営業時間

テレワークを検討している企業様へのアドバイス~Microsoft Teamsと3CXの違いを分かりやすく解説

>

コロナの影響で多くの企業様がテレワークを検討していますが、市場にテレワークとして使えるシステムが山ほどあり、どれを使うか悩んでいる方も多くいるでしょう。その中でもMicrosoft Teamsと3CXがよく比べられますので今回それぞれの特徴をまとめました。

Microsoft Teamsとは

Microsoft Teamsはoffice365のコラボレーション基盤です(PBXではありません!)。チャットとチャンネル、またはビデオ会議、メールなどのコラボレーションツールを提供しているソリューションです。特に同じMicrosoftの製品(office、dynamicsなど)との適応性が抜群ですので、チームとチャンネルを通して部門ごとの情報管理・共有が簡単にできます。

3CXとは

3CXはソフトウェアタイプのPBXです。基本のPBX機能以外、チャット、ビデオ会議など多彩なコミュニケーションツールを提供しています。元々コンタクトセンター向けのソリューションも提供しているのでCRM連携、コールレポートなどのサービスも利用可能なので、社内&社外向けのコミュニケーションもスムーズにできます。

Microsoft Teams VS 3CX

社内コミュニケーション機能

 Microsoft Teams3CX
チャット
ビデオ会話
携帯アプリ
ファイルの共有
プレセンスの表示

結論
社内コミュニケーションツールとしてMicrosoft Teamsと3CXの機能は大差がありません。強いて言えば Microsoft Teams は3CXに搭載されていないチームとチャンネル機能があり、情報の管理と共有がとてもしやすいです。

音声サービスの機能

 Microsoft Teams3CX
SIP TRUNK/SBCの選択肢
CRM連携
コールレポート
内線からの発信
ページング×

結論
今までMicrosoftは音声サービス提供についてそこまで注力していないので、さすがに本格的なPBXとは比べられません。最近Direct Routingというサービスを使って電話システムに繋ぐことができますが、コストが高くて内線管理も手間がかかります。
また、Microsoft TeamsはSIPトランク、CRM連携やコールレポートなどの対応がかなり限られていますので、正式に社外とのコミュニケーションツールとして使いたい場合、3CXのほうが柔軟的に対応できるのではないかと思います。

どちらを選ぶか?

弊社はMicrosoft Teamsと3CX両方も使っています。それぞれの良さもありますので捨てがたいですね。結局どちらを使うか、求められるものによるでしょう。

個人的な見解ですが、

完全に社内コミュニケーションツールとして使い、部門ごとに情報管理したい場合⇒ Microsoft Teams
(ユーザー数で料金計算するのでちょっと高いかもしれませんが)

内線・外線を利用したい、多様な音声サービスを求められる企業様⇒3CX 

Microsoft Teams の情報管理機能を使用しつづ、社内&社外のコミュニケーションソリューションを求められる、かつコストを抑えたい企業様⇒Microsoft Teams+3CX 

ちなみに、弊社CCAはMicrosoft Teams+3CXを併用するソリューションも提供しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

By

コメント