お問い合わせ05058307067営業時間

よくある質問

>

お客様よりお問い合わせの多いご質問を公開しています。

お申込みについて

申し込みからどのくらいで開通できますか?

ご利用のオプションによりますが、スマートフォンで内線のみをご利用の場合、最短2日で開通します。

支払いはクレジットカードでも可能ですか?

はい、クレジットカードでのお支払いも可能です。

提供サービスについて

電話会議は何人まで利用可能ですか?

ご契約の同時接続数の範囲内で何人でも参加できます。

3CXクラウドでFAXは利用できますか?

申し訳ありませんが、大手キャリア様でもIPネットワーク経由のFAX機能は推奨していないことから、3CXクラウドとしてもFAX機能は提供しておりません。

ひかり電話をご契約いただき、IP内線を3CXクラウドに接続しアナログ内線を既存のFAX機に接続いただくハイブリッド方式をおすすめしております。

電話回線について

利用可能な電話回線を教えてください。

楽天コミュニケーションズのIP電話サービス、NTTのひかり電話サービスに対応しています。

その他の回線についても個別対応可能なものがありますので、お問い合わせください。

着信課金(0120)サービスは利用できますか?

はい、ご利用いただけます。

楽天コミュニケーションズのフリーコール(0120)をご利用いただくとお得な電話料金にてご案内できます。

電話番号を変えずに移行することはできますか?

可能ですが、お使いの回線によって、そのまま契約変更せずに移行できたり、
契約変更や番号ポータビリティが必要となったりすることがあります。

NTTひかり電話であればそのままCCEDGEを経由し3CXクラウドに収容可能です。

NTT発番のINS回線の場合、番号を変更しない方法は3つあります。
・Yeastar(ゲートウェイ)を使用し3CXSBCを介して、INS回線を内線とみなし、3CXクラウドに収容する
・IP-Lineに契約変更して3CXクラウドに直接収容する
・ひかり電話に契約変更し、回線をCCEDGEに経由し3CXクラウドに収容する

NTT発番のアナログ回線の場合、番号を変更しない方法は3つあります。
・INS回線に契約変更し、INS回線で番号を変更しない方法を実施する。
・IP-Lineに契約変更して3CXクラウドに直接収容する
・ひかり電話に契約変更し、回線をCCEDGEに経由し3CXクラウドに収容する

元々NTT発番のINSまたはアナログの番号で、現在は下表の回線サービスを利用している場合、2つの方法があります。
・ひかり電話回線に契約変更して、CCEDGEを経由し3CXクラウドに収容可能です。
・下表のように回線サービスごとに専用デバイスを設置し経由することで、3CXクラウドに収容可能です。

null

※1 KDDIのその他の回線の場合、光ダイレクトに番号ポータビリティし、上記表の通りvBOXに収容できます。
※2 NTTコミュニケーションズのその他の回線の場合、Arcstarに番号ポータビリティし、上記表の通りvBOXに収容できます。

拠点内設備について

固定IPアドレスは必要ですか?

必要でありません。
ただ、ひかり電話回線を使用の場合はゲートウェイ(CCEDGE)が必要になるため、固定IPアドレスが必要となります。

ソフトフォン、スマートフォンのみを利用する場合、拠点内に必要な設備は何ですか?

インターネットに接続できるネットワークがあれば他に必要な設備はありません。

IP電話(固定電話)、ひかり電話を利用する場合、拠点内に必要な設備は何ですか?

IP電話(固定電話)を使用の場合
インターネット回線に加えて、3CXクラウドとトンネル接続を行う3CXのSBCを用意する必要があります。

ひかり電話回線を使用の場合
ゲートウェイ(CCEDGE)が必要になります。