お問い合わせ05058307067営業時間

カスタムIVR

>

カスタムIVR

顧客DBや外部システムと連携して必要な対応をカスタマイズできる!

 

コールフローと音声アプリを可視化する

3CX Call Flow Designer(CFD)でプログラミングなどを使用することなく複雑なコールフローや音声アプリの可視化を簡単に作成することができます。

 

たとえば、呼び出し番号を元に顧客番号を照会します。そして該当の番号から顧客のデータベース情報を検索。

あらかじめ設定した顧客のタイプに基づいて呼び出す転送先を決定することができます。

それ以外にも、繰り返しのタスクを自動化することにより、顧客と応答者の手間を省くことが可能です。

 

グラフィックインターフェイスを使用すると、ドラッグアンドドロップで音声アプリの機能をまとめることができます。

それは数週間かけて作るものではなく、数時間でアプリの可視化が可能です。

コールフローには、条件、ループ、変数などの制御部分も含まれていますので、様残な条件や繰り返しの設定を行えば

簡単に3CXにアップロードすることができます。